XamDataGrid では、KeyBinding プロパティを利用することで、任意のキー操作に対して独自のコマンドを割り当てられるようになっています。

今回は、Ctrl + A を押下した時に、コマンドを呼び出して XamDataGrid の全行を選択する例です。

<igDP:XamDataGrid BindToSampleData="True" Name="xamDataGrid1">
    <igDP:XamDataGrid.InputBindings>
        <KeyBinding Key="A" Modifiers="Control" CommandParameter="{Binding ElementName=xamDataGrid1}">
            <KeyBinding.Command>
                <local:MyKeyboardCommand/>
            </KeyBinding.Command>
        </KeyBinding>
    </igDP:XamDataGrid.InputBindings>
    ...
</igDP:XamDataGrid>

※ コマンドの実装内容は、添付サンプルを参照してください。

Tagged: