適用されてしまったサービスリリースはアンインストールが可能です。

いくつかパターンがあるので、それに沿って解説します。

 

[パターン1] 新規PCにインストールしたら最新のサービスリリースが当たってしまった。インストールしたかったのはその1つ前のものだったのに…。

対処方法(概略): コントロール パネルから当たってしまっているサービスリリースをアンインストールし、インストールしたかったサービスリリースをインストールしてください。

 

1. 当たってしまっているサービスリリースをアンインストールする。

コントロール パネルの「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラムを表示」で、当たっているサービスリリースが一覧に出てきます。

コントロール パネルの「プログラムと機能」の画面。「インストールされた更新プログラムを表示」は左側、赤枠の中にある。これをクリックする。
「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックすると表示される画面。インストールされたサービスリリースの一覧が出てくる。

 

次に、アンインストールしたいサービスリリースを選んで「アンインストール」をクリックすると、アンインストールができます。

アンインストールしたいサービスリリースをクリックし、「アンインストール」をクリックする。

これで、出荷時のビルドに戻ります。

 

2. インストールしたかったサービスリリースをインストールする。

サービスリリースのインストーラーはアカウントページ

https://jp.infragistics.com/my-account/keys-and-downloads

からダウンロードできます。

サービスリリースのダウンロードポイント。インフラジスティックスのWebサイトにサインインし、「サービス リリース」タブを開くと、プラットフォームごとにサービスリリースのインストーラーがダウンロードできるようになっている。

 

ダウンロードしたら、インストーラーをダブルクリックすることで、インストールができます。

 

3. インストールされているかどうか確認する。

アセンブリのデフォルトのインストーラー先は、

C:\Program Files (x86)\Infragistics\<ボリューム番号。例: 2018.2>\WPF\CLR4.0\Bin

です。

この配下にあるInfragisticsWPF4で始まるdllのうち、どれか1つを選択して右クリックでプロパティを表示させてください。

C:\Program Files (x86)\Infragistics\2018.2\WPF\CLR4.0\Bin を開いたところ。InfragisticsWPF4のdllを選択して右クリックで表示されるコンテキストメニューから「プロパティ(R)」をクリックする。

 

「詳細」タブのバージョン番号が、インストールしたかったビルド番号と一致していたらインストールできています。

 

[パターン2] 気づいたら最新のサービスリリースが当たってしまっていた。前まで使っていたものに戻したい。

対処方法(概略): コントロールパネルから、当たってしまっているサービスリリースをアンインストールしてください。一つアンインストールするたびに、一つ前の状態に戻ります。必要な回数だけアンインストールすれば、前まで使っていたビルドに戻すことができます。

 

1. 当たってしまっているサービスリリースをアンインストールする。

コントロールパネルの「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラムを表示」で、当たっているサービスリリースが一覧に出てきます。

この中からアンインストールしたいサービスリリースを選択して、「アンインストール」をクリックしてください。

※スクリーンショットは[パターン1]の1を参照してください。

 

サービスリリースをアンインストールすると、一つ前の状態に戻ります。例えば、

「製品出荷時のビルド」→「サービスリリース①」→「サービスリリース②」→「サービスリリース③」

の順にインストールしてきた場合は、サービスリリースを1回アンインストールすると、「サービスリリース②」が当たった状態に戻ります。

 

2. 必要な回数だけ、サービスリリースのアンインストールを繰り返す。

サービスリリースのアンインストールごとに一つ前の状態に戻ります。ですので、必要な数だけこれを繰り返せば、使いたいサービスリリースのビルドに戻すことができます。

アンインストールのたびに、コントロールパネルをリフレッシュしてください。 「インストールされた更新プログラムを表示」 で表示される内容が更新されます。その内容を確認しながら、戻したいビルドまでアンインストールを繰り返してください。

もし必要以上に戻ってしまったら、[パターン1]の2を見て、サービスリリースのインストールを行ってください。