インフラジスティックスのWindows Forms製品、WPF製品、ASP.NET製品を使用していて、サービスリリースの適用後ビルドできなくなった場合、下記の3点をチェックしてみてください。

 

チェックポイント1:プロジェクトで参照しているInfragisticsアセンブリのプロパティの「特定ビルド」はFalseになっているか?

「特定ビルド」は、ビルド時、参照するアセンブリを特定のビルドバージョンのみに限定するかどうかを指定するプロパティです。Infragisticsアセンブリをプロジェクトに追加すると、この値はデフォルトでTrueとなり、アセンブリ追加時のビルドバージョンに固定されます。

サービスリリース適用後はビルドバージョンが上がりますので、この値がTrueのままだとビルドできず、「参照が解決できませんでした」といった内容のビルドエラーが出ます。

「特定ビルド」はFalseにしてください。Falseにすれば、ビルド時に見つかった最新のバージョンのものが自動的に読み込まれます。

 

チェックポイント2:古いビルドバージョンに基づいたライセンス情報は消したか?

古いビルドバージョンに基づいたライセンス情報が残っていると、「”lc.exe”はコード -1 を伴って終了しました。」というエラーが出てビルドできません。

下記記事を見ながら、古いビルドバージョンに基づいたライセンス情報を削除してください。

 

チェックポイント3:[ASP.NETの場合のみ] コード内のバージョン番号を更新したか?

ASP.NETの場合、下記のようにアセンブリ名とバージョン番号が直接書き込まれているソースがいくつかあります。

下のコードの例では、「Version=19.2.20192.8」が該当する部分です。

// WebForm1.aspx
<%@ Register Assembly="Infragistics45.Web.v19.2, Version=19.2.20192.8, Culture=neutral, PublicKeyToken=7dd5c3163f2cd0cb" Namespace="Infragistics.Web.UI.EditorControls" TagPrefix="ig" %>

// Web.config
<add assembly="Infragistics45.Web.v19.2, Version=19.2.20192.8, Culture=neutral, PublicKeyToken=7DD5C3163F2CD0CB" />

このバージョン番号をサービスリリース適用後のバージョン番号に書き換えてください。

 

チェックポイントは以上です。

製品について

Ultimate UI for WPF