Ignite UI for Blazor 2021 vol.2 では、製品に含まれるモジュール、及び、コンポーネントの名称に変更がなされました。

参考情報:Blazor 新機能 | Ignite UI for Blazor | インフラジスティックス (infragistics.com)

下記、DataGrid を例に、2021 vol.1 以前を利用しているプロジェクトから 2021 vol.2 へのバージョンアップ方法を示します。

1.Ignite UI for Blazor サービス登録時

Program.cs

namespace Blazor_Grid
{
    public class Program
    {
        public static async Task Main(string[] args)
        {
            var builder = WebAssemblyHostBuilder.CreateDefault(args);
            builder.RootComponents.Add<App>("#app");

            //builder.Services.AddIgniteUIBlazor(typeof(DataGridModule)); // 以前のコード
            builder.Services.AddScoped(typeof(IIgniteUIBlazor), typeof(IgniteUIBlazor)); // 新しいコード
            await builder.Build().RunAsync();
        }
    }
}

2.コンポーネント宣言時

Index.razor

@*
    DataGrid を IgbDataGrid に変更
    XXXColumn を IgbXXXColumn に変更
*@
<IgbDataGrid Height="500px"
          Width="500px"
          DataSource="DataSource"
          DefaultColumnMinWidth="100"
          AutoGenerateColumns="false">
    <IgbNumericColumn Field="ProductID" HeaderText="商品 ID" />
    <IgbTextColumn Field="ProductName" HeaderText="商品名" />
    <IgbTextColumn Field="Country" HeaderText="生産国" />
    <IgbDateTimeColumn Field="OrderDate" HeaderText="発注日" />
</IgbDataGrid>

その他ファイルにおいても、DataGrid や DataGridModule の呼び出し部分がありましたら、Igb を先頭に加えるように変更下さい。

Tagged:

製品について

Ignite UI for Blazor