IgxGrid のドラッグアンドドロップ機能を用いて、行の位置を移動することができます。

rowDraggable オプションを有効化することで、行のドラッグができるようになります。igxDrop ディレクティブを有効化することで、行のドロップを受け取ることができるようになります。igxDrop ディレクティブの onDrop イベントをハンドルし、行の入れ替え処理を実装します。

<!--app.component.html-->
<igx-grid #grid1
  [data]="data"
  [primaryKey]="'ID'"
  [width]="'700px'" [height]="'300px'"
  [displayDensity]="'compact'"
  [rowDraggable]="true"
  igxDrop (onDrop)="onDropAllowed($event)">
    <igx-column *ngFor="let c of columns"
          [field]="c.field"
          [header]="c.headerText"
          [width]="c.width"
          [resizable]="c.resizable"
          [pinned]="c.pinned"
          [sortable]="true"
          [movable]="true">
    </igx-column>
</igx-grid>

igxDrop ディレクティブの onDrop イベント発生時に、行の入れ替えを行います。

// app.component.ts
onDropAllowed(args) {
  args.cancel = true;
  const event = args.originalEvent;
  const currRowIndex = this.getCurrentRowIndex(this.grid1.rowList.toArray(),
    { x: event.pageX, y: event.pageY });
  // ドラッグで移動した行をグリッドから削除
  this.grid1.deleteRow(args.dragData.rowID);
  // ドラッグで移動した行を、新しいインデックスに挿入
  this.data.splice(currRowIndex, 0, args.dragData.rowData);
}

private getCurrentRowIndex(rowList, cursorPosition) {
  for (const row of rowList) {
    const rowRect = row.nativeElement.getBoundingClientRect();
    if (cursorPosition.y > rowRect.top && cursorPosition.y < rowRect.bottom &&
      cursorPosition.x > rowRect.left && cursorPosition.x < rowRect.right) {
      // ドロップ位置の行インデックスをリターン
      return this.data.indexOf(this.data.find((r) => r.ID === row.rowData.ID));
    }
  }
  throw new Error('行インデックスの取得に失敗しました。');
}


実行結果

Tagged: