Infragistics Ultimate UI for WPF に収録されている UI コンポーネントには、外観を素早く変更することのできるテーマファイルが提供されています。

XamDataChart を例に、テーマファイルの適用方法を紹介します。

インポートするテーマファイルのインストール場所

C:\Program Files (x86)\Infragistics\2019.1\WPF\Themes (“2019.1” はボリュームリリースバージョンです。ご利用のボリュームリリースバージョンに応じて適宜読み替えてください。)

インポートするテーマファイル(一覧)

コントロールの種類に関わらず必要となる共通テーマファイルと、XamDataChart のスタイリングに必要となるテーマ ファイルを列挙します。

  • 共通テーマファイル
    • Office2013.WPF.xaml
    • Office2013.Styles.xaml
    • Office2013.Theme.Colors.xaml
  • XamDataChart のスタイリングに必要となるテーマファイル
    • Office2013.DataVisualization.xaml
    • Office2013.xamDataChart.xaml

プロジェクトにテーマファイルをインポートする

プロジェクトに Themes フォルダを作成し、先述のテーマファイルをコピーします。



アプリケーションの MergedDictionaries に XamDataChart のテーマファイルを登録します。

<!-- App.xaml -->
<Application x:Class="XamDataChart_Theme.App"
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:XamDataChart_Theme"
             StartupUri="MainWindow.xaml">
    <Application.Resources>
        <ResourceDictionary>
            <ResourceDictionary.MergedDictionaries>
                <ResourceDictionary Source="/Themes/Office2013/Office2013.xamDataChart.xaml"/>
            </ResourceDictionary.MergedDictionaries>
        </ResourceDictionary>
    </Application.Resources>
</Application>


実行結果

XamDataChart にテーマを適用することができました。


参考情報

テーマの使用
https://jp.infragistics.com/help/wpf/designers-guide-using-themes

Tagged: