Excelの「データ」タブの「フィルター」で並べ替える操作に相当する処理は、インフラジスティックスのExcelライブラリーでは、「ワークシート レベル フィルター」という機能が対応しています。

以下、製品ごとのコードスニペットです。

1. WPF、Windows Forms、WebForms、ASP.NET MVC、Blazorなど、C#の場合

// フィルターを設定する範囲(※ヘッダー部込み)を指定
worksheet.FilterSettings.SetRegion("A1:E21");
// 並べ替え時大文字小文字を区別するか
worksheet.FilterSettings.SortSettings.CaseSensitive = true;
// RelativeIndexで並べ替えを行う列(SetRegionで指定した範囲の1列目を0としたときの何列目か)を指定し、OrderedSortConditionでソート順を指定
worksheet.FilterSettings.SortSettings.SortConditions.Add(new RelativeIndex(4), new OrderedSortCondition(Infragistics.Documents.Excel.Sorting.SortDirection.Ascending));

 

2. Ignite UI for jQueryの場合

// フィルターを設定する範囲(※ヘッダー部込み)を指定
worksheet.filterSettings().setRegion("A1:E21"));
// 並べ替え時大文字小文字を区別するか
worksheet.filterSettings().sortSettings().caseSensitive(true);
// RelativeIndexで並べ替えを行う列(SetRegionで指定した範囲の1列目を0としたときの何列目か)を指定し、OrderedSortConditionでソート順を指定
worksheet.filterSettings().sortSettings().sortConditions().add(new $.ig.excel.RelativeIndex(4), new $.ig.excel.OrderedSortCondition($.ig.excel.SortDirection.ascending));

 

3. Ignite UI for Angularの場合

// フィルターを設定する範囲(※ヘッダー部込み)を指定
worksheet.filterSettings.setRegion("A1:E21");
// 並べ替え時大文字小文字を区別するか
worksheet.filterSettings.sortSettings.caseSensitive = true;
// RelativeIndexで並べ替えを行う列(SetRegionで指定した範囲の1列目を0としたときの何列目か)を指定し、OrderedSortConditionでソート順を指定。
worksheet.filterSettings.sortSettings.sortConditions().addItem(new RelativeIndex(4), new OrderedSortCondition(SortingDirection.Asc));

 

4. Ignite UI for React、Ignite UI for WebComponentsの場合

// フィルターを設定する範囲(※ヘッダー部込み)を指定
worksheet.filterSettings.setRegion("A1:E21");
// 並べ替え時大文字小文字を区別するか
worksheet.filterSettings.sortSettings.caseSensitive = true;
// RelativeIndexで並べ替えを行う列(SetRegionで指定した範囲の1列目を0としたときの何列目か)を指定し、OrderedSortConditionでソート順を指定。
worksheet.filterSettings.sortSettings.sortConditions().addItem(new RelativeIndex(4), new OrderedSortCondition(SortDirection.Ascending));

 

Tagged:

製品について

Ultimate UI for WPF